Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>


New Entries
Archives
Categories
Profile
Mobile
qrcode
Admin
Seach this site
2019.06.03 Monday
緊急速報!!!レッグバッグ入荷しました!!:KUSHITANI名東店

本当は今日はCBMのレポート書こうと思っていたのですが、入荷した荷物の箱を開けましたところ・・・

 

DSC09889.jpg

 

全国的に欠品状態が続いておりました、K-3555レッグバッグが入荷いたしましたので急遽お知らせいたします!

 

元々このバッグは安定した人気があったのですが、ここのところ急激にお問合せが多くなりまして、ここ1〜2ヶ月ほど「ほぼ全国的に1本の在庫もない」という状態が続いておりました。

 

ようやく入荷いたしましたのでお待ちだった方は是非ご来店くださいませ。

 

あ・・・ご予約の方の分はちゃんと裏に除けてますのでご安心を!!

 

で・・・ここからはちょっと私見。

 

このバッグのここ数か月の異常とも言える人気はどうやら動画サイトで紹介されたのがきっかけのようです。

 

元々非常に完成度の高いバッグで、ご使用いただいている方の評判もすこぶる高いことは間違いなく、そこを前提としつつってことではあるのですが、ここのところの人気は一種のバブルと言わざるを得ません。

 

どんなアイテムでもそうですが、「それがいいかどうか?」はまず第一に「お客さんの使い勝手に合っているかどうか?」です。

 

ですから他人が「いい」と評価したところで、それが必ずしもご自身のバイクライフに照らし合わせた時に「最良の選択」とは限らないのは言うまでもないことですね。

 

レッグバッグは、分類的に言えば「身に付ける系」のバッグです。

オートバイから離れる時にも常に身に付けていたい物を収納しておくためのバッグです。

 

このジャンルのバッグは、長い間ウエストバッグがその主流でしたが、実はレッグバッグの登場というのは案外古く、僕の記憶では80年代に既に1〜2社制作していました(確かホンダだったかなぁ??)が、割と亜流な存在のままいつしか市場から姿を消していました。

 

当時は何となく太股にバッグがあるのは「ライディングの邪魔になる」というイメージで敬遠されたのでしょう。

 

それが2000年前後からまた見直され、数社から色々なモデルがリリースされるに及び、今は一つのスタイルとして完全に定着しています。

 

レッグバッグの一番のメリットと言えば、「荷物へのアクセスのしやすさ」ってことになるでしょうか?

反面、場所的にあまり大容量のものは作れませんし、防水構造にし難いところが難点と言えば難点かもしれません。

 

現在こういう「身に付ける系」のバッグは、ウエスト(ヒップ)バッグ、ワンショルダー型、メッセンジャー型、そしてこのレッグバッグ系に大別されます。

 

それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

大事なのは「どのスタイルのバッグが最もお客さんの求める条件に適っているのか?」ってことですね。繰り返しになりますが。

 

個人的な話ですが、僕はこの手のバッグは長年メッセンジャータイプを愛用しています。

何故そのスタイルを選んだのか?ってことを話しだすとまたとてつもなく長くなりますので割愛しますがww、今のところ僕の使い勝手には最も合致しています。

 

ちなみに自転車用を流用しています。

 

バイクの乗り方もスタイルも十人十色。

ここは是非ご自身のツーリングスタイルと、クシタニのレッグバッグの作りを仔細にご検討ください!

 

要するにアレですよ「YouTuber如きに惑わされるな」とwwww。

 

ちょっとまとめた数量を仕入れましたが、是非お早目に!!!

 

 

 

 

 

| kushitanimeit | - | 19:04 | - | - | pookmark |