Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


New Entries
Archives
Categories
Profile
Mobile
qrcode
Admin
Seach this site
2011.04.01 Friday
レイングローブを巡る旅:KUSHITANI名東店

ここのところ新製品ラッシュで、ブログもほとんど毎日更新しますのでドサクサで他社製品のオススメ品なぞもご紹介いたしましょう。

え〜〜、ワタクシと京都店の三原店長はもう「レングローブ研究家」と名乗ってしまっても申し分ないほどの権威でございまして、古今東西ありとあらゆるレイングローブを試したと言っても過言ではありません。
(多少誇張しておりますが、まぁ・・・エイプリルフールですから・・)

しかし残念ながら今のところ「コレ最高!完璧!!」というレイングローブには出会えておりません。

ご存知の通りレイングローブというのは、「ゴアテックス」や「サイトス」などの防水・透湿フィルムを内臓した「防水系」と、主にネオプレーンゴムを使用した「濡れても大丈夫」系の二種類に大別されるわけですが、「防水」をうたっているアイテムがあるにも関わらず、その一方で「濡れても大丈夫」系なグローブがラインナップされていること自体、レイングローブの防水性というものが未だ完成に至っていない証左なんでありましょうな。

まあそれぞれ一長一短ございますが、今回ご紹介するのはその中では「濡れても大丈夫系」にカテゴライズされるネオプレーン製のグローブです。


デイトナ製の「ライドミット#014」です。

R0018874.jpg

これは以前当店でも取り扱っておりました「ライドミット#03」のバージョンアップ版となります。


↓はそのライドミット#03です(僕の私物です)。

R0018876.jpg

この「#03」は、4mm厚という他社ではあまり使用しない厚手のネオプレーン素材を、縫い目が表に露出しない「掬い縫い」という特殊な製法で仕上げたライドミットシリーズのフラッグシップモデルです。

その「#03」の基本コンセプトはそのままに、表面の仕上げを変えて極限まで雨の侵入を防ぐ意図で開発されたのがこの「#014」なわけですね。

ご覧の通り、「#03」は見た目もそのまんま「ネオプレーンゴム」です。
ネポプレーンゴムは、濡れても痛みませんし、乾きも早く、レイングローブには最適な素材ではありますが、素材自体は水を吸ってしまいます。

その特性上「濡れても大丈夫ですよ」というコンセプトのレングローブによく採用されるわけですが、長時間雨天下で走行しておりますと、雨を吸ったグローブで手は冷えてきますし、毛細管現象により最終的には内部にまで浸水してしまいます。

それよりも何よりもグッショリと濡れたグローブにもう一度手を入れるっつーのは非常に不快ですよね。

さあそこでこの「#014」だ。

R0018875.jpg

表面はこんな風にツルツルした仕上げで、撥水性を高めてるってわけです。

それでは見せてもらおうか!その撥水性能とやらをっ!

ドボンとタライに浸けます。

R0018880.jpg

これだけですとプカプカ浮いてきてしまいますので、重りを乗っけて沈めてしまましょう。

R0018881.jpg


そんで一時間後・・・

R0018883.jpg

やっぱり「#03」の方は水に浸かっていた部分は水分を吸い込んでしまっています。
ただしまだこの時点では内部にまでは浸水していません。

一方「#014」は表面はポロポロと水を弾き、ササッと手を振れば水が切れていきます。
もちろん内部も乾いています。

R0018886.jpg


再びドボン・・・・

R0018881.jpg


で・・・常連さんと話し込んでいたりして若干このテストのことを忘れかけていたwww5時間後。

「#03」の方はもうグッショリです。
(水に浸けていなかった右手側と比べてもらうと分かりやすいですかね?)

R0018890.jpg

これでも指先の方はまだ乾いています。

どちらかと言うと、手首側が濡れてきていますね。

R0018891.jpg

多分毛細管現象で吸い上げてしまうんでしょう。

ここが濡れてくると、中に着ているウエアの手首辺りがジワジワ濡れてきて気持ち悪いですよね〜?
そんな経験ありますでしょ??

さて一方「#014」。



表面には全くと言って程水を含んでおりません。

もちろん内部も乾いたまま!!

R0018893.jpg


おおおっ!これ凄いんじゃない?期待できるんじゃない??
僕(と三原店長)の「レイングローブを巡る旅」はこれでようやく終われるかもしれないよっ!

・・しかしまあこういうのは、文字通り「机上の実験」でしかありませんね。

雨天時のオートバイツーリングというのは、こういう生半可なテスト結果なんか大体は役に立たないことが多いのです。

今度はぜひフィールドテストを敢行いたしますので結果はまたその時にご報告いたしま〜っす!お楽しみに!

ちなみにこのグローブは税込¥3,780で、名東店にて販売中です。
今なら各サイズありますよ〜!

| kushitanimeit | - | 19:43 | - | - | pookmark |